categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category海外のタッセルデザイン

斬新なスピナのデザイン

trackback0  comment0
私がタッセルにはまった海外デザイナー「スピナ」の世界

bollywood_tieback_lr_.jpg
temari_tie-band_lr_1_.jpg
img_7844_1_.jpg
charm_tieback.jpg
01944_0017a_lr_.jpg
01944_0007a_lr_.jpg


beads.jpg
coral_tieback_lr_.jpg
Spina-Pink-coral-tie-back,a24884
powder_puff_key_tassel_lr_.jpg
mink_pompon_tieback_lr_.jpg
Spina-Russian-silk-tie-back,b24887

最近はインテリア雑誌などの表紙を飾ることも多くなった「スピナ」。
まだ日本ではフランスの「ウレス」社のタッセルを目にすることが
多く、知名度的には負けている… 
カルトナージュやフラワーアレンジには「ウレス」の作品の方が
シンプルであわせやすいせいだろうか?

でも私は断然スピナ派である。
枠にとらわれることなく!どもまでも自由にどこまでも大胆に、
デザインという発想は無限の産物であるということを痛感させられる
とても力強い作品たちだ。

王道的な重厚なカーテンについている由緒正しきタッセルとは違い、
どれもこれもとても斬新な作品ばかり!ビーズ、ファー、珊瑚、リボンなど
異素材との組合せも多く、すごい…っとため息の出るものばかり。

日本のタッセルデザインをされてる著名な先生達も、か〜な〜り彼ら
にはインスパイアされたのでは?っという作品が多いです。
あ〜この先生は、この作品に影響されたんだなぁ〜 というのがゴロゴロ。

元祖「スピナデザイン」の実力と迫力は圧巻ですよ!圧巻!
ぜひ見てみて下さい!本当、目から鱗ですよ!
http://spinadesign.co.uk
スピナデザイン

SPINA プロフィール:
ロビー・スピナ(元モデル&スタイリスト)、ジョー・ジト(法律家)二人のパートナーシップ 。

2000年
スピナデザイン設立
2003年より メゾン・エ・オブジェ、 BIDA,
World of Interior その他多数よりアワード受賞。
2005年 100 %デザイン東京英国ブースにて展示。
2006年 バリ、ルーブルファッションショーのシャンデリアにセレクト。
ハロッズのクリスマス・ウィンドー・ディスプレー8枚総てを飾る。
ドバイ展示会出展
2007年 ベッカム&ヴィクトリア邸( LA) 照明デザイン。
パリ、ミラノ、ロンドンベースに展示会出展多数。
スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。